<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
田植えの季節
お久しぶりです。今回ばかりは休みが長すぎました。中にはただサボった日も・・・。
申し訳ありませんでした。




さて、僕がサボっているうちに花巻はもう桜が散り、田んぼには水が張られ、空にはもう初夏っぽい雲が出始めてきました。
c0108388_1950507.jpg







ここは下幅のある公園。1枚目、右に写っていたところです。この時間帯はまだ学校が終わったばかりなので子どもはいませんが、いつも近くの桜台小の子どもらが遊んでいたり、赤ちゃんを抱いた母親の姿をよくみます。
c0108388_19551249.jpg






ベンチや遊具はもちろん、小高い丘、トイレつき。結構花巻では設備の整った公園だったりする。
c0108388_19553227.jpg








この借家たちはひそかなお気に入り。隣り合う家が違う色というのも面白いです。
c0108388_19554314.jpg







下幅という地区は桜台の東隣にあるところで、ここの入り組んだ路地は結構花巻に住んでいる人たちもよく迷う。僕もまだよくこの辺の道は完全に把握できていないです。
c0108388_19564994.jpg




路地からの風景。
c0108388_19571684.jpg







そんな迷路のような路地もここへ来れば解決できる。あとはこの道を行けば主要道路へ出られるからだ。ただし脇には結構高低差のある水路が流れているので注意が必要である。

ちなみにこの道を境に西は下幅、東側は四日町となっています。
c0108388_19574381.jpg







家の密集した路地。時たま、進んでいると開けた場所も見えたりする。
目の前の木は広隆寺のイチョウの木で、実は市の指定文化財にもなっている、地元では少し名の知れた木なのだ。
c0108388_1958277.jpg







道端にはマーガレットさん。
c0108388_19582279.jpg







今は平べったい真ん中もいずれ膨らんでくるのでしょう(w
c0108388_19584079.jpg







振り返る。前までは迷うので避けていた路地だったが、今はなぜか好きになりつつある。気まぐれなワタクシである。
c0108388_19585745.jpg







少し進んでみると大群にも遭遇(w
c0108388_19592156.jpg








まぁなんでこんな路地を放課後通ったかというのは、四日町(もうあの辺は愛宕だろうか)にある「コミュニティー(←カタカナでいつも表記の仕方に迷う)センター」通称「コミセン」の体育館へ部活をしに行ったからだ。

いつもは学校の体育館なんだが、室内部活が多いゆえ日によっては使えない日もある。なのでそんな日はここを利用するのだ(体育館写し忘れた!)

写真はコミセンの公園。ここは中々広く、平日には子供たちが、休日にはおじいちゃんおばあちゃんがゲートボールを楽しんでいる姿をよく見かけます。
c0108388_19593552.jpg

ピンクの建物は公文とヤマハピアノ教室があり、過去には僕の通っていた書道塾がありました。

前方の教会のような時計塔は大谷幼稚園でごいす。







このコミセンにも結構立派なイチョウの木があります。秋にはこの辺は独特のにおいに包まれながら部活をします(w
c0108388_2004391.jpg







部活帰りに見かけた、花をたくさんつけた木。一瞬フジかなと思ったが、親父いわく違うらしい。
ただ親父もなんの木なのか分からないので、とりあえず「ブドウザクラ」とでも名づけておこう(ワケワカラン
c0108388_2011591.jpg






桜台小の坂を上りきったときの風景。下は東北本線でごいす。
ここからの眺めはお気に入りです。
c0108388_201299.jpg







その道を少しアルテ側へ向かうと、アルテへ続く入り口のある十字路がある。
そこを北へ向かい道なりに行くと、田んぼの中を通るようにかけられた道にでる。といってもここは自動車は進入不可なので、歩行者、自転者のためだけのちょっとしたショートカットとして、結構僕は利用している。
c0108388_2021822.jpg






ここもお気に入りの場所のひとつです。
c0108388_2023435.jpg




c0108388_202585.jpg





c0108388_2031090.jpg








夕日は沈んでもまだその赤色を保ち続けていた。
c0108388_203183.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2008-05-27 21:19 | 裏路地
小山田の春 その2 素敵なお庭
例の棚田の近く、県道283号線に戻ろうとしたとき、この畑が目について、それが素敵だったからついつい止まってしまいました。いつもの寄り道癖です^^;




桜の木と梅ノ木を傍らに、杉林を後ろに控えたこの小屋が気になって仕方がなかった。
c0108388_21371849.jpg







悪いと思いつつも小屋へ。
c0108388_2138239.jpg







小さいけどとても雰囲気がある小屋。誰がどう使っているか分からなかったが、そんな小屋だからこそ惹かれたのかもしれない。
c0108388_21385116.jpg








そこに咲いていた桜。もうほとんど散ってしまっていたけれど、風が吹くごとに舞う花びらがとても鮮やかだった。
c0108388_21392643.jpg








少し気になったもの。はしごかな?四方八方から伸びたロープは倒れないためであろうが、いったい何のために立っているのだろうか。
c0108388_2139754.jpg







畑にはネギが。
c0108388_2140423.jpg








先端に丸っこいものがついているけど、まだ食べられるのだろうか。
c0108388_21405781.jpg







とにもかくにも、この場所が気に入ってしまった。小山田って結構魅力的な場所が隠れてたりするから面白いです。
c0108388_2141894.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2008-05-02 21:56 | 自然
小山田の春 その1
遠野へ春を探しに行く途中、小山田、東和へ寄り道したので、そこで見かけた「春(っぽいもの)」を紹介したいと思います。

今回は花巻と藤和の間の町「小山田」で撮ってきた写真を紹介します。




ここは春になったら訪れてみたいと思っていた場所。過去にも紹介した「例の棚田地帯」である。
c0108388_20385954.jpg









オキニの小屋へ行ってみると何やら不思議な光景。
c0108388_2039288.jpg







なんと色の違う花が一緒に咲いていたのです!
c0108388_20394360.jpg







見た感じ桜のような花なのですが、何桜というのかは僕の知識からは不明でござんす。
c0108388_20395947.jpg







こんな不思議な桜が咲くせいで、この場所がもっと好きになってしまった。
c0108388_2040830.jpg








オキニの小屋、といってもまだよくどんなものなのか分かっていないんですがね・・・。

小屋の看板には「幸田農研事務所」と書いてある。
c0108388_20405789.jpg






田んぼはまだ水を張っていなかったのでちょっと訪問が早すぎた感もありました。が、おかげで「?」な桜を見られたので結果オーライであろう。
c0108388_20422345.jpg








あ、人!田んぼを開拓した方であろうか。人が入ったということは、今頃は水をひいてるころだろうか。
ちなみにこの写真は以前使っていたカメラで撮りました。
今使っているカメラと違い、ズームができるのでまだ重宝しています。
c0108388_20425131.jpg






また、ここでもよく見る桜がありました。が、ほとんど散った状態でした・・・。
c0108388_20434619.jpg







特別出演、「親父」。
この「各地の春を紹介シリーズ」では結構出てきます。
c0108388_2044785.jpg







どこかの民族のテントっぽい、藁のオブジェ。前回訪れたときと比べ列が乱れているのが気になりました。
c0108388_20442299.jpg







マクロな世界。
なんかの目印とオオイヌノフグリ。
c0108388_20444799.jpg







面積を測るためでしょうか、田のいたるところにこういった目印がありました。
c0108388_204532.jpg







道路からはこんな風に見えます。
c0108388_20453555.jpg







振り返れば大森山。花巻の中では比較的分かりやすい山です。
中心部から見ればきれいな三角形ですから。
c0108388_20454658.jpg







オマケ

激・成長したフキノトウ(らしきもの)。
綿っこになぜか笑ってしまった(ワケワカラン
c0108388_2046250.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2008-05-01 21:13 | 自然