<   2007年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
遠野訪問紀 山道にて目に入った風景
さてさてここはいったいドコの山道でしょうか。これだけで分かった人は相当すごい(はず・・・
この渓流沿いは山道の中でもかなりのお気に入りの場所。
c0108388_22215554.jpg







ふもとでは見られなかった「紅」が、そこにはあった。
c0108388_22221651.jpg







結構上ってきました。紅葉前線はどこだろな?
ススキ越しに紅葉を眺めるのも、「秋」独特の風景だろう。
c0108388_22235995.jpg









ここだけ背の低い紅葉があります。どうやら一回伐採した地に、再び木を植えたようだ。
c0108388_2224116.jpg


訪れたトコロは・・・
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-31 16:37 | 自然
遠野訪問紀 松崎町を進む
山あいから紅葉が迫ってきている。今頃は、この一本木もひときわ目を引く紅葉樹へと変貌しているだろう。
c0108388_1981338.jpg








バス停「上松崎」から一番近い山を見る。紅葉がとてもきれいに染まり、中腹あたりから白い岩がのぞいているところも、なんとなく好みだった。
c0108388_19125194.jpg









そして、このバス停からも中々の風景を見ることができた。下には自転車道路が整備されている。
実はこの脇を猿ヶ石川が流れているのですが・・・・、いろんな植物によって見えなくなっていますね^^; 自然多し遠野でござんす。
c0108388_19131729.jpg








この後、不意にも砂利道に遭遇する。
c0108388_19143924.jpg









この日は雲が厚く、しかも低いため六角牛(ろっこううし)山が見えなくなっていた。本当に紅葉狩りができるのか。ますます不安は高まる・・・。
c0108388_19152230.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-30 01:08 | 自然
遠野訪問紀 「遠野のちょっとした風景」
みなさん、この建物が何なのか、分かりますか?
c0108388_01118.jpg

なんと、「ゴミステーション」なのです!

c0108388_023795.jpg

いくら懐かしい感じの風景が多い遠野でも、まさかゴミステーションをかやぶき屋根にするとは想像していませんでした。松崎町の「歴史街道」と呼ばれる道の途中で見かけることができます。







空は以前不安定。雲はものすごい速度で移動している。
c0108388_052985.jpg










稲刈りの後の耕し作業。こんな雨の中、ご苦労様です。
いつもおいしいご飯をありがとうございます。
c0108388_063328.jpg










こういった複雑多岐な空も、実は好きだったりする。
しかし、一向に完全にはれる気配がしない。不安が増して行く。。。
c0108388_08772.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-29 00:08 | 日常風景
遠野訪問紀 「できるか?紅葉狩り」編
9月21日。以前から紅葉狩りを遠野でしようと計画をしていたが、大会が開催される関係で一週間はやくいこうとになった。

しかし、空は↓のような模様。でも、時たま見せる晴れ間を信じ遠野へ行くことを決めた。
これは私としてもかなりの賭けであった。
c0108388_18183475.jpg








移動中も、たまにこういった晴れ間がのぞく。そういう時は虹がふと姿を現す。
c0108388_18292445.jpg

その後も移動中は晴れたり降ったり。









そしてっ、

遠野へ到着
c0108388_18314072.jpg









ここでも虹がくっきり出ていた。びみょーに二重なのが見えますか?
c0108388_18323271.jpg











ふと田んぼに目をやると、何やら作業をする方々が。何をしているのだろうか。
c0108388_18364178.jpg









制水弁の向こうにはお社らしきもの。
c0108388_18381924.jpg










木の向こうからトラクター。どうやらこの日は農家さんたちは忙しい日であったようだ。
c0108388_18392041.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-28 18:40 | 自然
台風の後片付け
結構前、少し強めの台風が通り過ぎた後の話である。

北上市の北上川のすぐ近くに住むいとこの家が、川の増水のため床下浸水するという出来事があった。

水位は引いたが、そこには大量の泥が残されているというわけで、ちょっとばかり泥を片付ける手伝いをしに行ったのであった。
c0108388_20201058.jpg

泥はすっかり乾いて、簡単に剥がれ落ちたが、それ以外にもどこから来たか分からないが、丸太がでーんとあった。むしろこの片付けに手間がかかってしまったのであった。







お隣さんの薪々。暖炉の家だろうか。
c0108388_20313792.jpg








その後はいとこの家で麦茶とお菓子をいただいた。
c0108388_20273790.jpg










かわいく、落ち着いた模様になぜか惹かれ、写真をたくさん撮っていた。せっかくなので少しばかりお付き合いください。。。
ワカメのような海草。
c0108388_20293077.jpg









カントリーハーブとはいったい何だろう。
c0108388_20302355.jpg


この家にくる楽しみ
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-27 20:36 | 日常風景
自転車旅行 ~大迫へ~最終回 また来よう、大迫。
早池峰神社から少し行った川の上で地図を開いた。さてどの道から帰ろうか。

できれば楽な道を行きたい、しかし、あまり知らない道も行ってみたい。

帰るルートは二つ。東和の土沢へ向かうルートと、石鳥谷、というよりかは花巻農業高校(後述『花農』)の脇を通るルート、いわゆる大迫へきた時に使ったルート。

よく知る道から帰るか、それともよくは知らない道を行くか。

結局は私の探究心が勝ち、後者の道を行くことにした。家までの距離は少し遠くなるけれど。
c0108388_225392.jpg

何気ない看板にも、こういった言葉が書いてあるのはとても心温まる。










田園風景がしばらく続く。
c0108388_22121877.jpg











ちょっとした山道を登ると、こんな看板が。
はい。また、来させてもらおうと思います。たくさんの自然と、驚きと、楽しみをありがとう。
c0108388_22142850.jpg


大迫の帰りに見た風景+夕暮れ
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-26 22:33 | ぶら~っと
自転車旅行 ~大迫へ~ 早池峰神社なるもの発見
早池峰ダムから大迫市街へは、さほど時間がかからなかった気がする。おそらく下り坂だったからであろう。






大迫市内に入り、ちょっとした気まぐれで町の裏へ続くようなわき道を進んでいたとき、それはあった。
c0108388_2233820.jpg

『早池峰神社』

私の知る限り、「早池峰神社」という名の神社はもう一箇所ある。遠野のかなり深部だ。大出・・・だっけ?

それと同じ名前の神社が大迫にあるとは当時思いもよらなかった。

でもよくよく考えたら大迫も遠野同様早池峰山を土地に構える場所。あっても別に不思議ではなかったのかも知れない。

ひょっとしたら、探せばもっと同じ名前の神社があるかも。区界や川井村とか。









敷地面積は大きいとはいえないものであったが大小さまざまな石碑がおいてあった。
c0108388_2241179.jpg










本殿。強い日差しのせいでよく見えないが、それはそれで中々の雰囲気をかもし出していた。
正直、かなり私好みである。夏の暑さを忘れかけてきた今になっては、こういった強い日差しと木陰の神社が恋しくなってきてしまったのであろうか。
c0108388_22414272.jpg










小さなお社もあった。その脇には小さな石碑たち。案外こういった小さなお社は思いのほか少ないものである。結構貴重?
c0108388_22451049.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-25 22:51 | ぶら~っと
自転車旅行 ~大迫へ~ 大迫市街地へ帰る途中の風景
大迫で有名なのは?そう、ワイン


でも大迫はそれだけじゃなく、そこに広がる自然も見逃せないだろう。
田園風景。空に飛ぶはトンボなり。
c0108388_18441546.jpg








みょ~にここが気に入ってしまった。
その名も「開田記念碑」
c0108388_192146.jpg









この先にはどんな風景があるのか。今回は急いでいたのでパスすることに。奥の山のてっぺんの形が少しキニナル・・・。
c0108388_1941083.jpg











その名も「開田記念碑」(しつこい!
c0108388_195116.jpg


開田記念碑以外の風景
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-24 19:11 | ぶら~っと
自転車旅行 ~大迫へ~ いざ花巻へ帰らん
さぁ旅もいよいよ後半。旅は目的地に着くまでが旅ではなく、家に着くまで旅であろう(どこかで聞いたようなセリフ・・・)

この道は苦労して上った道。なので、くだりはそれを一気に忘れるように写真も撮らず、思い切って全部下ることにした。
c0108388_21482223.jpg















びゅん!














あっという間にふもとに着いた。のぼりに20分ほどかけたのに、下るのには3分とかからなかった。あっけないものである。

まぁ平均時速40km/hで下ってきたので無理も無い。普段自転車に乗っている人はわかると思いますが、時速40キロはかなり早いです。

車だと遅い方になりますが、自転車だと体感速度は80km/hは超えたと感じます(人によりけりですが・・・)

最高時速は56km/h。われながら恐ろしい速度であった(体感速度112km/h)。
普段長旅では安全第一な私が、どうしてあんな速度を出したのか。いまだなぞである。









そして、ちょうど下り坂の勢いがおさまってきた所付近の風景。まだ、かすかに夏の雰囲気が残っている、そんな空だった。
c0108388_21593060.jpg










ちょうど、トンボが出始めた、9月9日のことである。
c0108388_2203551.jpg


なんだこりゃ?なもの
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-23 22:05 | ぶら~っと
自転車旅行 ~大迫へ~ レストラン「湖畔」の庭園
ご飯の後はすぐにはスポーツをしちゃいけない。

というわけで、少しばかりレストラン「湖畔」の下にあるちょっとした公園を歩くことにした。
c0108388_19305649.jpg

すぐそばまでダム湖水が迫る。







水の中の木。ダム湖はつづく。
c0108388_19345637.jpg









木陰で少し涼みつつ、向こうの橋を眺めてみる。この先には早池峰山があるのだ。
c0108388_19355571.jpg










そして、「湖畔」名物、『鐘』!
c0108388_19373739.jpg









このレストランは結婚式の式場としても使え、新郎新婦はこの鐘を響かせ、永遠の愛を誓うという。ちなみに新郎新婦じゃなくても別に鳴らすことができるらしいですよ~。
もちろん、「湖畔」のスタッフに声をかける必要はありますが・・・。
c0108388_19401872.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-22 19:44 | ぶら~っと