カテゴリ:夕焼け( 28 )
夕日と稲穂
お久しぶりです^^
中々更新はしていませんでしたが、僕は元気に過ごしています(←じゃぁ更新せいや)

今日は旬な写真で。

夕日と実が色づいた稲穂です。
稲は刈り取られるホントぎりぎりだと思います。撮り逃さなくてほんとによかった。
c0108388_22144681.jpg







今年はあまり撮ってあげられなくてごめんね。
c0108388_22214854.jpg








撮影場所はおなじみ、総合体育館前の長い道、高速道路を越えたところです。この直線はホントに大好きです。
季節によっては直線の先に夕日、ということもありますヨ(まだ写真には収めてないんですけどね)
c0108388_22223912.jpg








廃棄された重機。本当は違法なものですぐにでも撤去されるべきものなのですが、僕自身気に入っているところがあるので、なくならないでほしいものでもあります。
c0108388_22251280.jpg








「花巻市」と書かれた石標も実はお気に入り。これからもちょくちょく登場してくると思いますよ(次回がいつかは分かりませんが・・・)
c0108388_22281267.jpg









すすきの枝(?)で作業するクモさん。お疲れ様です。夜は冷えるので気を付けて。
夕日を背に巣を作るクモは、光る巣も相まってなんかいい!
c0108388_22301283.jpg









路傍に咲いていたアカマンマ(正:イヌダテ)と
c0108388_22322963.jpg

シロツメクサ。
c0108388_22324814.jpg








オキニロード、ふたたび。もう少し山に向かってみよう。
c0108388_22364497.jpg









東を見ると、おぉ早池峰山!
やはり秋が近づいてきたからか、最近はくっきり見えることが多いです。僕はほぼ毎日部活で盛岡に行くので岩手山(岩手で一番高い山。2番目が早池峰)を見ていて、それももちろん大好きな山なのですが、やっぱりこっち(早池峰)の方が好きだなァと感じます。
岩手山は綺麗すぎるんですよね、僕にとって。入り込めない感じがあるんです。
だからって早池峰が綺麗じゃないかとなると、もちろん違います。
早池峰山は形こそいびつですが、何だろう、何と言ったらいいか、馴染めるんですよね。この山。
小さい頃から見ているのもあるかもしれません。僕がいびつなものを好むからかもしれません。
言葉にするのは難しいですが、「なんか好き」なんです(笑)
ちなみに早池峰山は写真の中で1番高い、頂上に雲がかかっている山です。
c0108388_22381171.jpg








濃い防風林と、早池峰。稲のむこうにある、背が少し高い作物は何だろう?
c0108388_22431521.jpg









砂利道と、空と、そして早池峰。暗いのはもう太陽が山に隠れてしまったからです。
でも向こうはまだ太陽が見えてるようです。微妙な位置で写真を撮っていました。
c0108388_22504517.jpg




c0108388_22524145.jpg









見かけるとなぜか写真に撮りたくなる、このコンクリートでできたあれ(小さいですが・・・)。
田畑ではよく見かけるものですが、名前はなんていうんでしょうね?
c0108388_22554234.jpg








広い畑、と遠くに鉄塔。
c0108388_2352040.jpg








この道はどこへ行くんだろう。
c0108388_238939.jpg


おまけ。
[PR]
by galaxy-infinitive | 2009-09-21 23:58 | 夕焼け
宮古の帰り道
いつしかの宮古の帰りの風景。いつであったか。今年であることは間違いないです。

この川は「閉伊川」。国道106号線のお供の川でござんす。
この川不思議なもので半分は海へ向かって流れているのに、半分は上流へ向かって逆流してるんです。いまだにわからない不思議な流れです。
c0108388_14455271.jpg








場所は一気に変わって盛岡の北上川沿い。ふと立派な木が目に付いた。
c0108388_14463163.jpg







人が歩いている。どうやら舗装された土手のようです。
c0108388_14464224.jpg







というわけで木に近づいてみることに。右下のは小屋とかではなく、その、「田舎の香水の臭源」が山積みされたものです。
c0108388_14465395.jpg






表面の雪は凍って沈まんとしている夕日の色を反射していた。
c0108388_1446597.jpg






土手を登ると思ったよりすばらしい展望。川が土手より結構はなれたところを流れているのもちょっと意外でした。
c0108388_1447843.jpg







そして立派な木。よく見たら2本でした。木がこんなにくっついて生えるとは知りませんでした。
c0108388_14472944.jpg







枝と夕焼け。結構好きな組み合わせだったりします。
c0108388_14474082.jpg







土手より盛岡側(北)を見る。106号線は目の前の山の右のふもとを縫うように始まります。
c0108388_14481441.jpg






しかし立派な木。夏もきっと目立つ存在なのだろう。
そういえば盛岡の川沿いって結構立派な木が多い気がします。
c0108388_1448326.jpg






空をアップに。光の筋とか出ていたらもっとすばらしかっただろうが、欲張ってはいけない。
c0108388_1553872.jpg






あまり知らない盛岡での、ちょっと好きになった空間でした。
c0108388_14491347.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2008-03-12 15:10 | 夕焼け
白鳥を求める旅 最終回 「夕暮れ」
白鳥のいた軽井沢堤を後にし、再び例の十字路へ。

その後、なんとなく東和方面へ足を向けてみた。
c0108388_13541443.jpg






道中も立派な田畑に囲まれて、走っていて気持ちがいいところでした。
c0108388_13543247.jpg







ふと、興味深いあぜ道が目に付いた。きっといい眺めが見られるに違いない!と踏んだ私は、雪でぬれること覚悟でそのあぜ道を進んでみた。
c0108388_13545098.jpg








その予感は外れてなかった。
目の前にかつてないくらい巨大な棚田が目の前に現れた。しかも木などが生い茂っていないため、どんな季節でも、太陽が沈むところを見られる。
私はとんだ夕焼けスポットを見つけてしまった。
c0108388_13551831.jpg







トラクターの道。ちなみに向こうの建物付近が十字路です。
c0108388_13554728.jpg







田んぼに刺さっていた棒と夕日。この日はあまり燃えていなかったが、きれいであることは変わりなかった。
c0108388_13563633.jpg







しかし、今までいろんな棚田を見てきたが、ここほど広いスペースに設けられた棚田は見たことはありません。
毎度同じようなことを言っているような気がしますが、この田んぼを作った人の努力は計りしれないです。
c0108388_13565936.jpg



c0108388_13571990.jpg





ムービーを撮ってみました。どれだけ広大なところかわかっていただけたら嬉しいです。






最後に石碑と夕暮れをば。この日は久々にいいチャリブラができた日であった。
c0108388_13574874.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2008-03-11 14:13 | 夕焼け
そろそろ夕暮れ
写真を撮っているうちに夕暮れが近づいてきました。
この「三郎池」の湖畔にある邸宅は見るたびにうらやましいなあと思う。
c0108388_16262876.jpg







この日の空はとても不思議でした。
c0108388_16283670.jpg







絵の具をスッとのばしたような雲の下にモクモク雲。いったいどんな気圧配置だったんだろう・・・。
c0108388_16284923.jpg






自転車は案外どんなシチュエーションでも絵になるからおもしろい。
c0108388_21111574.jpg







ちょっと池から離れたところ。遠くに並木道を望む。
c0108388_16293368.jpg






胡四王山こしおうざんと夕日。この胡四王山も頂上の鉄塔のおかげで、遠くからでも分かる山の一つになっております。
c0108388_21113786.jpg







そろそろ夕暮れ。急に寒さが厚着していたはずの服をすり抜け襲ってくる。
c0108388_21115861.jpg







水溜りが凍る前に帰ってしまおう。
c0108388_21182217.jpg








面白い形の雲は横にのび、西の空を覆っていた。1枚じゃ収まらなかったのでつなげてみました(笑)
c0108388_21253759.jpg







交通量こそ少ない交差点だが、工業団地で大型のトラックの通行率が高いため、信号が完備されている。
c0108388_21254954.jpg








行きの時に撮っていたやつとまったく同じアングルで撮っていました。
このちょっとした立体交差点はひょっとするとちょっとしたお気に入りかもしれない。
c0108388_21255922.jpg


唯一撮れた白鳥
[PR]
by galaxy-infinitive | 2008-02-06 21:46 | 夕焼け
遠野訪問紀 夕日、沈まんとす
一ツ石山に登って程なくして、夕日が雲に沈みかけてきた。ホントにギリギリセーフである。
c0108388_18284390.jpg








よく全体が見渡せるよう、ショートムービーも撮りました。ちょっぴり写る人影は親父でござんす。
強風のためか、老朽化のためか手すりがバタバタ倒れているのがよく分かります。







貞任(さだとう)高原の風車も見ることができた。中々の絶景。
c0108388_1852919.jpg








こういった空の色の移り変わりが好きだ。月もいよいよ輝いてきた。
c0108388_191413.jpg









そして日の入りのときがやってきてしまった。
c0108388_19124750.jpg









最初着たときには予想できなかったくらい澄んだ夕暮れ。今日もいい日だったなぁ。
c0108388_19182313.jpg


一ツ石山の小屋の様子
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-11-08 20:09 | 夕焼け
遠野訪問紀 一つ石山の頂上より
うんせ、ほいせと登ること約10分。何とか夕暮れ前に一つ石山の小屋に到着。
親父も特別出演です(笑)
c0108388_20573778.jpg








そして、その小屋の屋上から見えた夕焼け。
c0108388_2185434.jpg







この時期は、どうやらどうしても山と夕焼けを撮ろうとしても「薬師だけ」状態になってしまうようです。
c0108388_2120103.jpg








そこから見える風景はまさに圧巻。ふもとを見下ろすと走ってきた道がずっと続いているのがよく分かる。
c0108388_21203829.jpg





c0108388_21204976.jpg










「薬師だけ」は寂しいので、早池峰とのツーショットも忘れずに。
c0108388_2121159.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-11-07 21:25 | 夕焼け
ある日の夕焼け
ある日、花巻の高木らへんをさ迷っていたときに、夕暮れはやってきた。
看板によると、この辺に朝日橋という、花巻市中心街へ続く橋はもうすぐらしいが、その気配はない。
c0108388_1839699.jpg








近くにはひまわり。なぜか北を向いて咲いていた。不思議じゃのぉ・・・。
c0108388_18421275.jpg










しばし迷う。
c0108388_18425641.jpg











そして。朝日橋は突然姿を現した。
c0108388_18434445.jpg










骨組みと夕焼け。たまには人工物も入れてみるのも面白い。
c0108388_18443731.jpg









夕焼けのアップ。この日もとても暑かったなぁ。
c0108388_18451494.jpg


橋の下の隠れ名所
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-08-22 18:48 | 夕焼け
宮野目の直線にて+お知らせ
明日から4日ほど、ちょっとした諸事情につき、更新をしばしお休みにします。
どうぞよろしくお願いします。






宮野目の直線にて。あそこは特に障害物もなく、心置きなく夕日を眺めることができる。
c0108388_20322262.jpg








続く電信柱と夕暮れ空。
c0108388_2041980.jpg









続く電信柱と夕日。ちょっぴり「続く電信柱」にハマってしまった^^;
c0108388_20433682.jpg








c0108388_20454333.jpg








高圧電線。この先には小規模な変電所がある。近づいてみたことはないけど・・・。
c0108388_20474718.jpg








夕日が沈んだ後も雲はまぶしいくらい太陽の光を反射して綺麗だった。
c0108388_20504464.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-07-30 20:50 | 夕焼け
夕日が沈んでしばらくすると
雲の一部が、まだらに赤く染まりだした。
まるでさざ波立った水面を見ているようだった。
c0108388_5133937.jpg






向こうの空も赤く染まっていた。太陽が見えなくなっても、高い空の雲が太陽の赤みを伝えてくれる、それが私なりの夕焼けの醍醐味である。
c0108388_5154936.jpg






暗くなってしまいましたが夕焼け空とお気に入りの道より~。
c0108388_5182886.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-07-26 05:18 | 夕焼け
夕焼けと雲
昨日の続き。

空には色んな雲が現れ、空フェチである私にとっては興奮しっぱなしであった。
c0108388_20452585.jpg








形をどんどん変えていく空。いくら見ていても飽きることはない。
c0108388_20471581.jpg









c0108388_20481841.jpg









田んぼ道と軽トラ。ついさっきまでは農婦同士仲良く会話をしていた。
c0108388_20492592.jpg








東の風景。向こうの白い体育館は甲子園出場おめでとう~の東高のもの。
この日も、早池峰さんは見えなかった。
c0108388_20513251.jpg

次回も続く。。。
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-07-25 20:53 | 夕焼け