カテゴリ:ぶら~っと( 147 )
途中下車 石鳥谷 最終回
夏から秋にかけて、夕暮れが近づいてきたとき、草木が一気に映えだすことが時々ありますよね(たぶん)。
僕はこの時間がとても好きです。何もかもが輝いていて、名前も知らないは草や木が一枚の絵のようになります。
その時間が、もし前々から行きたかった場所で起こったのなら、僕はこの上なく興奮するでしょう。そして、今まさにそのような状況で、僕は時間も蚊の存在も忘れカメラのシャッターを切っていました。
c0108388_20512538.jpg










毎日通学に使っている電車から見えたこの場所。一目惚れでした。
ちょうど石鳥谷駅と花巻空港駅の間という、歩くと少し遠い場所だったから中々行く時間が作れなかったけど、今回に限っては幸運にも行くことができました。
田んぼと小屋と、2本の木。不規則なあぜ道がとてもいいです。
c0108388_13481634.jpg










ほんとに線路に近いです。一応路線を言っておくと、東北本線です。
もし電車に乗って石鳥谷駅~花巻空港駅間を通ることがあったら、その間だけ東側を見ながら乗ってください。
ほんとに一瞬だけ、見ることができますヨ。
c0108388_1553076.jpg










四角い世界。
「3」は何を意味しているんでしょう?ススキの光のコントラストがいい感じです。
c0108388_1510665.jpg











小屋のそばには麦畑。小麦・・・ですよね?
c0108388_15124346.jpg

当時はまだ青かったんですね。
c0108388_1511525.jpg

田んぼと対比。陰影も一緒に。
c0108388_15194583.jpg









草のトンネル(分かりづらいですが、あぜ道の中央を残して、両端にプチ麦が生えています。)
半ズボンで歩くと、左右からくすぐり攻撃にあいますよ(笑
c0108388_1514666.jpg








そして、この場所ででもう一つ気になっていたところ。
c0108388_15225481.jpg











この神社です。名前、なんて書いてあるんでしょうね(←撮り忘れた
当然Googleマップにも載ってはおらず・・・。申し訳ないです。
c0108388_1530543.jpg





お社は、それを囲むご神木たちによって、いい雰囲気の影を作っていました。
c0108388_15395280.jpg





狛犬さん。クールっすね。
何に足を乗せているんでしょうね。
c0108388_15312719.jpg






ドアップで。こちらはアンモナイトみたいなものに足を乗せています。
c0108388_1554363.jpg








石碑。有名な山神と、・・・あとは分からないです^^;
c0108388_15553849.jpg







祠もありました。結構充実しています。
c0108388_15564481.jpg






夕日が差し込む神社は夏によく合います。
c0108388_15582044.jpg









神社から最初の小屋がよく見えました。
c0108388_1603552.jpg








さて、そろそろ帰らなきゃ。おなかが減ってきた。
c0108388_162151.jpg








神社の脇にこんな道が。
c0108388_1625585.jpg








その道から見えたもの。
今Wikipediaで調べて初めて知ったのですが、これが「本殿」で、前方にあるのが「拝殿」というそうです。本当に「今頃?」ですが、生まれてこの方19年。今知りました・・・。
ちなみに周りを囲む木々は「鎮守の社(森)」というそうです。ご神木はのその中の名木です。
c0108388_1633288.jpg








進んでくと、車で通れそうな広めの道がありました。
実はこの道を見つけるまで、どうやってここを拝みに来るのか疑問でした。これなら車でもこれるので、安心ですね(?)
c0108388_16112945.jpg






僕はこの道を使い、この神社を後にすることにしました。
c0108388_16144061.jpg








歩きだしてすぐ、電車が通りました。
静かな夕暮れに電車は中々合いますね。
c0108388_16184723.jpg









ついに日の入り。最高のラストだと思います。
c0108388_16213782.jpg








二つの夕日。今はもう稲がすっかり成長してしまって見れません。
1年で少しの間だけしか見れない、僕の好きな絵です。
c0108388_16222672.jpg









おまけ。
小屋。16:9規格で。
ほんとにいい雰囲気しています。
c0108388_16235253.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2009-07-26 14:46 | ぶら~っと
途中下車 石鳥谷 その6
傾く夕日で伸びる、いろんなものの影。
僕はこういった長い影が連続して道に伸びている風景が好きです。
さて、ここはどこの入り口でしょうか。まぁどこかの校門だというのは、何となくお分かりでしょう。
c0108388_19292339.jpg









正解は「八幡(やはたはちまん)小学校」です。僕が高一までココを「はちまんしょうがっこう」とかなり初歩的な勘違いで呼んでいたとは口が裂けても言えません(ゆうさんのご指摘で「はちまん」で合っていたそうです。)
4号線沿いにあるので案外校舎自体知っている人は多いかと思います。そうです、花巻から石鳥谷へ向かうとき、石鳥谷の道の駅に向い東北本線を超える直前に見えるアノ学校です。
ちなみにこの学校の(花巻から石鳥谷へ向かった場合での)手前は信号付きY字路があり、そのY字路で別れた四号線ともう一本の道の間に、この学校があります。
別にここが僕の母校ではないのですが、通りかかったので撮ってみました。
c0108388_19325764.jpg











八幡小学校の東側には開けた風景が広がっています。うーん自然豊かなところよのぉ(´`)
ちなみにここから東にほんの数キロ行けば戸塚森林公園ですので、この辺に住む人は、思えばすぐいい眺めを見に行くことができます。いーなー。
ちなみに石鳥谷に住む友人の話だと、その公園の桜はとっても綺麗なんだそうです。いーなー。きっと秋も綺麗なのでしょう。
c0108388_19415737.jpg








水田で作業をする農夫さん。田んぼの中にある仕切りみたいなのは何なんでしょうね?
c0108388_19473269.jpg









水田で作業をする農夫(婦?)さん。其の弐。お仕事、ご苦労様です!
c0108388_19485427.jpg










それからちょっと先へ進むと、滑り台が見えました。公園かな?
手前の木とよく合っています。
c0108388_19525014.jpg








ちょっと近づいてみると、奥には見えなかった結構広い敷地が。やっぱり公園だったんだね。
c0108388_19553994.jpg









陰にはブランコがあました。3つ椅子がある、僕にとっては珍しいブランコです。うーむ、なかなか充実した公園です。
というのも、僕がまだ小学生だった時、家の近くの公園にはブランコや滑り台といった遊具がなく、木とベンチだけの、「自然」公園だったので、僕にとってはこういった遊具がある公園はかなり充実した公園なのです。今はその公園にはちゃんと「それら」はありますけどね。
c0108388_2005027.jpg









さて、公園を後にし、そして四号線を渡り越えてきました。今は四号線の西側です。だいぶ目的地、近いです。
こちら側には小麦畑が広がっていました。この時はまだ青かったんですね。今はもう収穫されて結構経ってしまったでしょう。
こんがり染まった小麦、またしても撮り逃してしまいました。
c0108388_208332.jpg










DANCING☆仙☆人☆掌(サボテンと読みます)
c0108388_20142479.jpg

案外、「彼」?の知名度は高い。結構目立つヤツなんです。僕は結構好きです、彼。








小麦畑の真ん中の未舗装道路。何か好きな風景。
c0108388_20242458.jpg






何か好きな風景其の2
c0108388_20294112.jpg









水面鏡に映る防風林と民家の影。小さくて見づらいですが、木漏れ日で独特の模様を作る窓が好きです。
c0108388_20343422.jpg


次回、最終回!です!!
[PR]
by galaxy-infinitive | 2009-07-20 20:37 | ぶら~っと
途中下車 石鳥谷 その5
お久しぶりです。

毎日更新する何て言って、前回更新してからもう2か月が経ってしまいましたね(汗)

更新停滞の言い訳をさせていただくと、僕は前回更新したとこらへんからある部活に入りました。

週4回という中々アクティブなところです。

そして、部活がある日は帰ってくるのがいつも23時ごろになります。とっくに疲れてます。

それでも、更新する立派なブロガーさんはたくさんおられます。でも、僕は言ってしまえば「ぐうたらまいぺぃす野郎」ですので、そのまま寝てしまうのです。そして、ブログ停滞病再発――。

以前先生に言われました「部活のせいにするな」。ごもっともです。すいません・・・。

みなさま、突然更新をやめてしまい、申し訳ありませんでした。これからはで き る だ け更新が止まらないように致します。部活のある日(月・木・金)は難しいと思いますが・・・。

それでは、今後もどうぞ、よろしくお願いしますm(_ _)m




さて、前回、2か月前の続きです。

おそらく次回、最終回になると思います。

なす(※東北訛りで「梨」のこと)畑を後にし、ほんのちょっとだけ田圃道を南下する。
そして振り返ると、まだ苗が植えられていない水田の向こうに一軒家が見えた。当時はまだ田植されていない田圃もあったんだなァ。
日本の現代的な家って、住宅地だと何とも感じないけど、1つ1つ独立していると、結構魅力的なものだと感じます。調和性がないと言ったら響きが悪いですが、ヨーロッパほど、町並というのに魅力を感じる場所は、少ないと思う。 
京都とか、昔ながらの町々なら、統一性を感じる建物は多いですが。
c0108388_2002712.jpg









「かくん」な風景。地平線がわずかに曲線がかっているのは広角撮影によるものです。
こういった地平線も面白いでしょ?
c0108388_2128396.jpg









ワンコのさんぽをする女性。少し写真が細長いのは撮影モード「16:9」規格で撮ったからです。普段と違った味わいで撮ることができます。
今後もこういった「細長い」写真を見ることがありますが、それらも同様「16:9」モードだと思ってください。
c0108388_21305329.jpg









よくみるけど名前がわからない麦のような植物。
採って乾燥させれば、麦茶的なものができるのでしょうか。
c0108388_2134758.jpg








とりあえず進もう。電線のある風景。
電線って結構風景の邪魔をしていることが多いのですが、たまにあることでいい風景を作り出してくれることがあります。なので、なんともいえぬ存在なんですよね。
c0108388_21355721.jpg








東を見るとお気に入り、戸塚森林公園。手前の山がそれです。
一応頂上付近まで登ることができ、そこから北は盛岡、南は花巻を一望することができる、気持ちいいところです。
また、手の行き届いたグラウンドや、ケビンがあるキャンプ場もあります。それに、この公園とは関係ありませんが、この公園の向こう側、つまり東側に本格的なゴルフ場もありますヨ。結構充実しているっしょ?
でも僕はもっぱら風景を見にあそこへ訪れるのですけどね。
c0108388_21395023.jpg








道の脇に、1台のモトラ・・・もといバイクが止まっていました。(モトラドと言って「あぁ!ポンッ」とくる人はあまりいないだろう)
このバイクの持ち主は、田んぼのあぜ道で何か作業をしていました。
c0108388_21453132.jpg










ん、こりゃぁ・・・ネギだ。
ネギが落ちていました。きっとこの辺の畑でとれたうちの一つで、持って帰る時落としてしまったのでしょう。
もらおうか考えましたが、落ちているものを拾うのは不注意すぎますし、リュックからもはみ出し電車で目立ちますので、結局やめました。
c0108388_21482812.jpg








日の傾き具合はこんな感じ。まだ空は赤みがかってませんが、もうだいぶ低くなってきています。
夕暮れまでに目的地に着くのか、この時少し不安になっていました。それでも数歩歩いては写真を撮り、また数歩歩いて写真を撮るを繰り返していましたが。
c0108388_2153594.jpg








散村(家が散り散りの村)特有の防風林。高校の地理学的にもこの辺の散村は結構有名らしいっすよ。
散村は農村特有の形態で、作業畑のすぐそばに作るのでこういった散り散り状態になるそうです。また、散村は治安がいいということも示しています。
治安が悪いところだと、助けとなる隣家が離れていては心もとありませんからね。
さらに余談ですけど、防風林は大抵東とき南側に生やします。東で風を防ぎ、南で強い日差しを防ぐためです。が、この家は東側だけですね。
c0108388_21553393.jpg









広ーい田んぼ。
c0108388_228206.jpg






植えたばかりの稲たち。今頃は水面が見えないほど育っているでしょう。
最近は田んぼの写真、撮ってないなぁ。
c0108388_22111986.jpg








きれいに並んだ防風林を見つけました。杉の木の中の1本だけ違う木がいいアクセントをしてます。
これほど密集してれば、950hP級の台風の風も大した影響を与えないでしょう。
c0108388_22124910.jpg









田んぼ畑にポツンと四角い何かサン。
なんていう名前で、何をしているものなのか、いまだによく分からないヤツです。
遠くでよく見づらいですが、早池峰山も写っていますヨ。
c0108388_22184016.jpg








ネギ畑。まだ生えたばかりですね。
先ほど落ちていたやつと同じタイプのネギかな?だとしたら時期をずらして栽培しているんですね。
c0108388_22211686.jpg








がんばりーや。
c0108388_22233030.jpg








ほおおおおおおおおおおおんんんんんん・・・・
c0108388_2223485.jpg

・・・あーびっくりした!そういえば空港が近かったっけ、ここ。

さて、次回最終回、と言いましたが、その前にもう1回、追加させてください。まだ写真がありますので・・・。
では^^
[PR]
by galaxy-infinitive | 2009-07-19 22:29 | ぶら~っと
石鳥谷途中下車 その4
ちらりと見えた赤い橋。
ここまで綺麗な赤をした橋は、名所とかではない限り珍しいと思う。
c0108388_21552032.jpg







といっても、近づいてみるといくらかは塗装は剥げ落ちているとこが見えた。遠くから見ればわりと綺麗な赤をしているのだけれど。
もう手すりより影の方が長くなってきてしまった。急がないと。
c0108388_2157796.jpg







橋からの眺め。東を見る。
反対側には4号線があるはず。。
c0108388_220487.jpg







早池峰山アップ。
堤防には興味深い道が。どこへ続くのだろうか。
c0108388_222249.jpg






橋の名前。「葛丸一の橋」
葛丸はこの辺の地名なのだろうか。葛丸で一番の橋なのだそうです。
c0108388_22191466.jpg








橋を越えると、やっぱり広い田園風景。
この辺は全く知らない土地である。
c0108388_2235810.jpg









「くねら」な影絵。綺麗な「くねら」である。
c0108388_226566.jpg








広い畑と、田んぼ。
少し遠いですが、写真の中央部の「ミシンの糸巻き」みたいなものはなんだろう。
c0108388_2275785.jpg








リンゴの木の畑?
聞いてみたら「なすのぎだよ」と言われた。後でわかったことだが、これは茄子の木ではなく、梨の木だった。
よく考えれば当然のことだが、茄子は木にならない。しかし「なす」が訛りだと知らずにいた僕は、「へぇ~茄子って、育て上げればここまで成長するんだなぁ」などと、農家の方と話してしまっていた。
うー、恥ずかしいです。皆さんも気を付けてくださいね(笑)
c0108388_22101339.jpg









「なすのぎ」アップ。
c0108388_22142926.jpg








分かりづらいとは思うけど、道路側の「なすのぎ」だけ横に伸ばされていたのである。
理由を聞いても、「さぁ~、なんでだべかなぁ~?」とのこと。道に枝が出るのを防いでいるのだろうか。
にしてもオモロイ形をしていた。
c0108388_221516100.jpg









「ぶろろ」とトラックの音がしたので振り返ると、くねらガードレールがあるとこを、ゆっくり回りながら、トラックが通り過ぎていった。
c0108388_22174388.jpg

まだまだ続く・・・。む~、長いですなァ。自分でも感じます。
200枚近く撮ってしまいましたからねー(-_-;)
[PR]
by galaxy-infinitive | 2009-05-20 22:22 | ぶら~っと
石鳥谷駅途中下車。その3
前回エントリの、青い屋根が印象的だった小屋が見える付きあたりを、左、つまり東へ向い歩くこと約2分。
この行き方は目的地とは少し遠ざかってしまうが、回り道というのはそんなに嫌いではない。何かしら新しい風景を見つけることができるのだから。
写真に見える青い柵は石鳥谷中のものだ。何故か校舎は撮り忘れていた。
c0108388_21211675.jpg








田んぼの向こうに見えるのが戸塚森森林公園。
その山の頂付近では、石鳥谷を一望することができ、日によっては盛岡の町並みも見ることができる。
お気に入りの場所の一つだ。
中にはケビン(と言うのかな?)付きのキャンプ場もある。駐車場もあるので車でも訪問できますヨ
c0108388_21312147.jpg







水面に映る赤いオシャレな家。
田んぼにはキャタピラと足の跡。機械で植えた後ちょっと調整をしたのだろうか。
c0108388_21555037.jpg









道を行くと田んぼの脇で、ちょっとした菜の花群が咲いていた。野生のだろうか。
c0108388_21583778.jpg







四角い世界。
田んぼと菜の花という組み合わせも中々オツであろう。
そういえば、この菜の花の茎、僕の家の畑にある成長中のアスパラガスラガスに似てる・・・。
c0108388_2223320.jpg








逆光で。
コントラストがある花びらは、普段とは違った味わいが出て結構面白い。
c0108388_224143.jpg







覗きの菜の花。カメラを菜の花にうずめての撮影ですた(w
c0108388_22143791.jpg







田んぼ畑と砂利道。菜の花たちがあったすぐ近くの風景だ。
草のわだち道路は結構いい絵を作り上げてくれる。遠くに見える、一番高い山が僕の大好きな早池峰山だ。
c0108388_22263642.jpg








田んぼでは農夫婦がせっせと草刈り中だった。ご精が出ます。
c0108388_2231236.jpg








元の道を行くと、折れた木が。そこから新しい木が生まれていた。小学生の時、国語の授業でやった「きりかぶ」というお話を思い出した。
c0108388_22334460.jpg







草わだちと一本の木。
c0108388_22353632.jpg








こんな木も発見。おもしろい形をしている。
幹にははせがけ用と思われる木の棒が何本も立てかけられ、まるで腹巻のようになっている。少し笑ってしまった。
c0108388_22363862.jpg







枝には支え棒があった。この木は「愛され木」なのだろう。
c0108388_22382585.jpg







しかし、この木はなんていう木なのだろう。
おもしろい形だからぜひとも名前は知っておきたい。
c0108388_22393379.jpg








葉っぱはこんな感じ。
誰かわかる方はいませんか?
c0108388_22404914.jpg









赤い橋が見えてきた。ちょっとワクワク。
c0108388_22413531.jpg

そして次回へ続く(w
[PR]
by galaxy-infinitive | 2009-05-19 22:43 | ぶら~っと
石鳥谷の田んぼ道
とりあえず、向かうところに一番早く行けると思われる道を進むことに。
そのために、旧石鳥谷役場を通過することにした。(前回と同じ写真でもーしわけないです)
c0108388_23431654.jpg







ちらりとみえた工場。
線路は花巻へと続く方向。
c0108388_21333974.jpg







田植えはさすがに終わっていた。だけどまだ水面は見えるので、水面に映る何かをもうちょっとだけ見ることができそうだ。
面白いあぜ道。たまに一部の田んぼに、結構枠取りが自由なのがある。
それで面白い形のあぜ道ができあがっていたりする。
c0108388_21382941.jpg







「く」の字あぜ。
c0108388_21442227.jpg









あぜY字路。あそこにためている稲の苗はなんだろう?
c0108388_2145641.jpg






c0108388_21521041.jpg






土壁の小屋。蔵のようにも見える。
こういった風景の場所に、こういった小屋の組み合わせは好きである。
c0108388_21474633.jpg







西を見ると、小川が太陽に反射し眩しく光っていた。
c0108388_21503277.jpg






旧石鳥谷役場。
そんなこんな写真を撮っているうちに、駅を出発してからもう30分が経ってしまっていたた。
普通なら5分足らずで着いてしまいそうなほど近いのに、僕の場合、写真を撮りながらだからどうしても時間がとてもかかる。
c0108388_21515378.jpg










旧石鳥谷役場を通過し、また田園風景が広がる。
その日は風もあり、空気が澄んでいたのでとても写真を撮りがいがある日だった。
c0108388_21554773.jpg








路傍の草たち。
アカツメクサ。今年初めて見た。まだシロツメクサは見つけていない。まもなく生えてくるだろう。
c0108388_21551676.jpg







よく見かける花(名前分からないんですよー汗)
一回名前は覚えたはずだったのだが・・・うーん(‐_‐;)
c0108388_2221954.jpg







とてもちっちゃい青い花。直径2mmほどしかない、かわいい花である。
c0108388_2224043.jpg







駅から800mは来ただろうか。道は突き当たり、その先には田んぼが広がっていた。
青い屋根の小屋が何とも言えない。
水を張った田んぼで、おばあちゃんが一人農作業をしていた。他の人はどうしたのだろう。
c0108388_2252620.jpg








とある民家の庭先。自然の多い素敵なお庭だ。
c0108388_22122865.jpg








藤の花も咲いていた。小さいながらもたくさん花をつけて見ごたえがある。
c0108388_2214565.jpg


次回もたんぼ道を行きます。どうぞよろしくです^^
[PR]
by galaxy-infinitive | 2009-05-18 22:17 | ぶら~っと
石鳥谷で途中下車
金曜日は早く講義が終わる日。
天気も良かったので、以前から興味があった石鳥谷でしばしぶら~っとしてみようと思い、電車を降りてみた。
c0108388_23174814.jpg






自転車置き場の屋根の影。
早いといっても、だいぶ日は傾いてきている。
c0108388_23181184.jpg






草の道。門があるけど、ここには以前何か建っていたのだろうか。
まさか昔の石鳥谷駅の門ではなかろう。
c0108388_23202837.jpg







門の出口付近には線路の向こう側、国道4号線のほうへ渡る橋があった。
あっちの方には石鳥谷中、青雲高校などの学校が建っているから、時間によってはたくさんの人が見られただろう。
だがその時は4時。とても中途半端な時間なのでひと気はなく静かな橋となっていた。
c0108388_23221567.jpg






だけど今回は向こう側へは行きません。
以前、電車から見えたある気になる場所、それが今回の目的地なのですが、その場所は線路の東側、つまりこっち側にあるからです。
僕はとりあえず、その場所へ行くべく南へ針路をとった。
c0108388_23273612.jpg







自転車おばさん。結構石鳥谷で自転車おばさんを目にした。写真にこそあまり撮らなかったが、とりあえず今回3時間ほどのぶら~っとで10人は田んぼの中の道をゆく自転車おばさんを目にした。
c0108388_23315791.jpg







そこから見えた青い屋根と煙突。何の工場なんだろう。そして、今もやっているのだろうか。
ちらっと見える木がいい味を出してくれています。
c0108388_23341179.jpg







もとは畑じゃないかと思われるところに立つ一本の子供の木。
減反か、それとも後継者不足の影響でかは推し量れないが、この木が名残惜しく立っているのが何とも言えない。
この木へ続く道ように草が枯れているのはどうしてだろう。誰かが通ってこの木を見に行っているのだろうか。
c0108388_23362052.jpg






坂を上りきり、石鳥谷駅の方を見る。
少し遠いですが、最初の橋もみえます。
c0108388_23413399.jpg







石鳥谷の市役所。今は花巻市役所の支部となっている。
JA石鳥谷もここに隣接して建っている。
c0108388_23431654.jpg


明日は早いので、写真少なめですが、今日はここまで。
次回は写真多めにしますので、どうぞご容赦を(汗
[PR]
by galaxy-infinitive | 2009-05-17 23:51 | ぶら~っと
すンごく、すンごく、お久しぶりです!
お久しぶりです!!

突然更新をストップしてしまい、申し訳ありませんでした。
ちゃんと言ってからストップするべきだったのですが、以前のパソコンがついにオジャンになってしまい、更新ができなくなったのです。いやービックリしました。

問題だった受験は、何とか希望通りの大学が受かりました。

もちろん、岩手の大学です!岩手を愛してますから!!
目標としている教師を目指すべく、経験と知識をつけていこうと思います。

岩手に住んでいるので、これからも岩手の写真をお届けしていこうと思います(ただ、写真が盛岡中心になると思います。通う大学の立地場所が盛岡なので)。





・・・と、更新はやめてましたが、風景写真はもちろんやめてませんでした。

また新しくデジタル一眼レフも購入しました。正月セールで安く買えたんですよー(ピース)

今まで撮ってきた写真、数えてみたらまさかの1000枚超え(うっはー

後々時間はかかると思いますが紹介したいと思います。



**********************************************************



さて、2009年最初の更新はムービーから行きたいと思います。

タイトルはなんもヒネリがないですが「撮りため写真集」。

以前あったムービーを張るやつ(名前は記憶の彼方へ)が見つからなかったので、お手数をおかけしますが、以下をクリックして飛んでください。

youtubeです。へぇようつべです。

ようつべ

本格的な更新は明日以降いたします。初日から飛ばすと疲れてしまいそうなので・・・。

では今後もよろしくお願いします(^^)ノ          2009年4月3日 テクタイト
[PR]
by galaxy-infinitive | 2009-04-03 20:14 | ぶら~っと
知らない風景を探す旅 「出発」
今日は雲もない快晴。休みということもあって、久々に知らない風景を探す旅へと行くことにしました。
要は当てのない旅です(笑) でも結構いい風景と出会えるものなのですよ。

・・・と言うことで、「とりあえず県道13号線で北へ向かう」ことにした。

と言っても今回から暫くは「そこに行くまでの風景」を紹介したいと思います。なんせ386枚も撮ってきたのですから^^; 自分でも「撮りすぎ!」と突っ込んでしまいました(爆)




下の道はお気に入りの道。ここがちょうどいいスタート地点だろう。いざ、まだ見ぬ風景を求めて出発!
c0108388_230079.jpg






と意気込んだのもつかの間。早速止まってパシャリ。だって気になったんですもの。
なんとなく、この「沢」は気に入っている。
c0108388_2302377.jpg






この道の脇には緩やかな棚田があります。これも僕がこの道が好きな理由の一つかと思います。
c0108388_235681.jpg






この直線、車だと一瞬だけど、チャリや歩きだと結構長く感じるところです。
ちなみに下の青い線は、以前Qちゃんこと、マラソンの高橋尚子選手が特別出場した「市民マラソン大会」の時、走るルートを分かりやすくしようと引かれたのがこの線です。

ちなみにこの線には青い線のほか、もう一色あり(何色だっけ?)、それぞれ「3キロコース」と「5キロコース」に分かれています。もう一色は、どこに引かれてたっけ・・・。
c0108388_231338.jpg







高速道路のトンネルもまた好き。理由はよく分からないんですがね。
c0108388_2315075.jpg








高速道路より向こう側の開けた風景は、私の大のお気に入りの風景。
今日は快晴と言う天気もあいまって気分が弾んだ。
c0108388_2322641.jpg







と、出口を出てすぐのわき道で、松の枝がいい具合にあったので、愛用の自転車とともにパシャリ。
何も教えずにこれを人に見せたら、恐らく「ドコ?」となるだろう(フフフ
c0108388_23301.jpg







何年も前から放置されている重機。今はすっかりさび付いて、ホント、いい被写体になってくれています(皮肉ですよ!)
c0108388_2332020.jpg







そんな荒地にもふきのとうが。いやはや、ふきのとうの生命力には、今更ながら驚かされました。
c0108388_234866.jpg

・・・次回も「13号線までの風景」です。
[PR]
by galaxy-infinitive | 2008-03-18 23:21 | ぶら~っと
白鳥を探す旅 『道中の風景』
壮大な棚田を後にし、そのまま北へ向かうと、道は農道と交わった。
その農道よりさらに向こう側はくだりになり、こんな風景が見えた。
c0108388_19134597.jpg






ここも早池峰がチラリ。この辺の人たちは棚田に松を残すのを好むのかな?
c0108388_19184082.jpg







1枚目の下にあった道を進んでみることにしました。特に理由はなかったけれど、時間があったのでとりあえず知らない道を知ってみようということにしました(この時点でまだ午前中!)。
c0108388_19191238.jpg







まったく知らない道。地図があるので特に不安はありませんでしたが。

この先には広いりんご畑がありました。
c0108388_20574814.jpg







進んでいくと見えた風景。
c0108388_19192787.jpg







交差点を左へ。

そして進んでいくと見えた歴史を感じるお宅。
c0108388_19223785.jpg






そのお家へ続く小道。ちっちゃなポストがツボにはまりました。
c0108388_1922565.jpg







そして別の気になった小道。今回は進みませんでしたが、枝の間から差し込んだ光にしばし見ほれる。。。
c0108388_19231570.jpg







白い世界に木が一本。はせがけ小屋がなんともいえません。
c0108388_19233859.jpg






道中に見えたお家。こういった広い畑の中の家を見ると妙に興奮してしまう。この家では朝から洗濯。確かにこの日は洗濯するには気持ちいい日だった。
c0108388_1924498.jpg







毛深い木と石碑(墓石?)。ちょっと気になったが、これではあまりにも民家に近づきすぎるため、ここで引き返すことにした。
c0108388_19241866.jpg


次回も『道中の風景』でござんす。
[PR]
by galaxy-infinitive | 2008-02-14 21:06 | ぶら~っと