カテゴリ:高台とか( 21 )
新緑の遠野へ!Part.6(最終回) -高清水高原牧場-
更新が遅れてしまいました。ホント申し訳ありません。
もう3ヶ月も空いちゃってたんですね・・。
この夏は大学の友達と山登ったり、温泉行ったり、湖行ったりしてました。
もちろん、一人旅も(小山田ですが・・)。
それらの写真はのちほどー。





温泉でくつろいだ僕たちは、最後の目的地、高清水高原へやってきました。
やっぱり遠野に来たら、ここは外せない! 貞任高原の風車がキレイにみえる、良い日でした。
c0108388_1443628.jpg






牛くんたちがいない高原は何だか寂しげ。
c0108388_14435033.jpg






ここでの木々はどれも立派というか、綺麗な形をしています。
それぞれに主張があり、でも良い風景の立役者にもなっています。
c0108388_14441194.jpg






新しい命。いつか立派に成長して、高原の風景の一つになるのでしょうか。
c0108388_14443790.jpg







爽やかな草原。
・・・・!?友人!入っちゃダメー!
c0108388_14443920.jpg






遠野の西側(綾織方面)をみる。西日が眩しいです。
ここから見る風景も綺麗でした。
c0108388_14445290.jpg


c0108388_14451689.jpg






高原に咲く春の花たち。
c0108388_14451156.jpg


c0108388_14452420.jpg


c0108388_14453191.jpg






木のむこうから遠野を望む。
c0108388_14462126.jpg







最後は展望台から。
やっぱり良い眺めです。また遠野に来た時も、絶対ここに来よう。
c0108388_1447441.jpg


長ーーーく待たせてすみませんでした。新緑の遠野編、これで終了です。
今はもう秋。これから紅葉ですね。季節が過ぎるのは早いものです(僕の更新が遅いだけ)

今秋は紅葉狩りを考えています。写真撮ったらできるだけ早く紹介したいと思いますので、もしよろしかったら見ていってもらえたら嬉しいです。
[PR]
by galaxy-infinitive | 2013-10-01 15:01 | 高台とか
新緑の遠野へ!Part.4 -鍋倉公園を散策-
前回サボっちゃったので今回は写真多めです。


美味しいジンギスカンを堪能した僕たちは、腹ごなしに近くの鍋倉山へ足を延ばしてみました。
c0108388_1073128.jpg






中腹にある南部神社へと続く階段です。
趣がありますね。食後の運動としてはキツかったかなw
c0108388_10104542.jpg

ちなみに来るまで登るための道路も整備されています。




上る途中には色々な花が咲いてお出迎え。
上ることばかり集中して見逃さないように。
c0108388_10175498.jpg







c0108388_1019178.jpg







c0108388_101815.jpg






途中にあった休憩所?水出?みたいなところ。
かっぱ渕でも見かけた『乳与えカッパ』も居ました。
c0108388_10202185.jpg







やっとこさっとこ階段を登り切り、南部神社に到着。
写真じゃあまり伝わらないかもしれませんが、中々の立派なお堂です。
c0108388_1054598.jpg







南部神社の由来です。
南部氏の8偉人を祭っているんですね。
c0108388_10551658.jpg






隣には小さくお稲荷さんもありますので、お忘れなく。
c0108388_119367.jpg






神社を拝んだ後もさらに上り、頂上を目指します。
c0108388_1195654.jpg







汗をかきながらやっと頂上へ。木陰と良い風と、良い眺めがお出迎えです。
c0108388_11144639.jpg







友人も一呼吸。「快適」と一言。
c0108388_11161625.jpg







正面には遠野駅。限界ズームで撮影。
はあ、200mmくらいのレンズ欲しいなあ。
c0108388_11162359.jpg






鍋倉城の由来。300年ほど城があったようです。すごい。
c0108388_1127530.jpg






頂上は歩きやすい公園になっています。自然や花もいっぱいです。
c0108388_11272951.jpg






藤の花が屋根になる休憩所もあります。綺麗ですが蜂がブンブン飛んでいます。
友人が謎テクノダンス。
c0108388_11292721.jpg





本丸跡へと続く階段。「木のトンネル」が体験できます。
c0108388_11304641.jpg





どの木も立派です。階段終り近くのこの木にホレちゃいました。
c0108388_11325160.jpg




木漏れ日の散歩道。
c0108388_1135128.jpg





三ノ丸址にある展望台にやってきました。ここへ来るのも久々だなあ。って6年経ってたヨ・・・
c0108388_1135442.jpg





中に入ってみました。木でできた作りは狭いながら落ち着く空間でした。
c0108388_1151843.jpg






そしてそこからの眺望。やっぱり良いですねえ。来たかいがありました。
この日は空気も澄んでいて、早池峰山もキレーに見ることができました。ここからだと「チラッ」なんですけどね。
c0108388_1153412.jpg



次回は、うーん、「風景」、です。
[PR]
by galaxy-infinitive | 2013-06-01 11:56 | 高台とか
遠野・荒川高原
先日、友人と遠野へ紅葉狩りへ出かけました。
目的地は荒川高原。しかし、天候には恵まれず、ほとんどが曇天か雨でした。

それでも、時々覗かせる太陽を一縷(いちる)の希望とし、荒川へと足を運んだのでした。

高原へ出ると、馬がたくさん放牧されているのに出会いました。
c0108388_1629517.jpg




立派で逞しそうな馬ですねー
c0108388_1633588.jpg






とても人懐っこい馬です。すぐにでも触れそうな距離まで来てくれました。
c0108388_1634414.jpg





うおっ、近すぎ近すぎ!(直後にカメラを舐められる)
c0108388_16351173.jpg





メスですかね。とても綺麗な瞳をしています。
c0108388_16435536.jpg






べろ~ん。
c0108388_16445379.jpg






友人も夢中でシャッターを切ります。
「馬にさわれた!」と、大喜びでした。花巻では、馬に触れる機会なんて無いですものね。
c0108388_16471593.jpg






逆光気味の草原と馬。大きな雲海も相まって、いい雰囲気です。
僕にもう少し写真技術があれば、もっといいのが撮れただろうに。
c0108388_16483652.jpg






この後、馬はいずこかにへ。
本当に集団行動をするんですねー。
c0108388_16505589.jpg







荒川高原な風景。訪れた回数は少ないですが、とても見ごたえがあり、僕のとっても大好きな場所です。
c0108388_16521344.jpg







左に見えるのが東山(タブン・・・)、右に見えるのが一ツ石山です。
c0108388_16561384.jpg






チョット見づらいですが、一ツ石山の頂上には、展望台(ほぼ廃屋に近いですが)があります。
そこからの眺めは過去のエントリー()を参照に。
c0108388_16581843.jpg

今回も、展望台への登頂を試みましたが、植林がだいぶ成長し、ほぼ遭難しかけたので、半分くらいで引き返してきました。
あの時の眺めは、本当にあの時だけだったんだなぁって、しみじみ思います。





荒川高原は、草原や、山や動物たちのほかにも、「道」に魅力があると僕は思います。
ここには、思わず「おぉ」と言ってしまいそうな、道の形、坂などが多々あります。
みなさんも、荒川高原を訪れた際、道も楽しんでみてはいかがでしょうか。
c0108388_1772994.jpg

今回は天候もあり、道の写真はこれだけですw




こ、こらー、友人、そこは立ち入り禁止っ
友人「いい風景が撮れた」と満足の一言。こっちはハラハラですヨ・・・。
まぁこちらも1枚撮らせていただきましたが。
c0108388_171258.jpg






天候にあまり恵まれず、満足な紅葉狩りはできませんでしたが、馬に会えた、荒川高原に来れた、それだけでも、十分に楽しむことができました。 雲が更に出てきたので、僕たちは1時間ほどで荒川高原を後にしました。
c0108388_17132619.jpg

次回は、もうひとつ、訪れた場所を!遠野名物を食べてきましたヨ
[PR]
by galaxy-infinitive | 2012-11-13 17:15 | 高台とか
詳しくは後ほどっ(^^;
今日はあさってに控えた修学旅行の準備で忙しいので、明日落ち着いてから詳しく更新したいと思います。
ごめんなさい、今日はこれだけです!
「その目的地」からのある眺めです。ここへよく来られる方はもうお分かりですよね?
c0108388_22405874.jpg

では、失礼します~^^;
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-12-01 22:45 | 高台とか
遠野訪問紀 再び暗雲立ち込める
一瞬晴れたかな?と思った矢先にすぐに分厚い雨雲が姿を現す。そんな非っ常に不安定な空。
c0108388_2085350.jpg







そのとき向こうの風車がいっそう光り輝く。暗闇に浮かび上がる風車がなんともいえない。
この日は風がものすごかったので、風車もお休みしていた。
c0108388_2095018.jpg







六角牛(ろっこうし)山同様、早池峰山も名のとおり「雲隠れ」してしまっていて、薬師岳だけみえるといった状況だった。(この様子を誰かサマは「薬師だけ」といっていたっけ。うまい!)
c0108388_2013406.jpg








突然の晴れ模様。そして、このまま雨が降ることはなかった。
c0108388_20302741.jpg









この幸運を生かし、私たちはどんどん進むことにした。以前風は強いままだったが。。。

荒川の鉄塔。これは中継用のものだろうか。
c0108388_20344568.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-11-03 00:20 | 高台とか
遠野訪問紀 最終章 ~高清水な風景その4~
いよいよ、遠野訪問紀も最終章。一気に遠野高清水高原牧場の風景も紹介したいと思います。


ススキと遠野市。
c0108388_20491326.jpg







貞任(さだとう)高原の風車。
c0108388_2053435.jpg









ウシと遠野市。おっと、私の影も写ってしまった^^;
c0108388_20541316.jpg








ウシの小屋と草原の丘。夜にここに入るのだろうか。
c0108388_20561426.jpg








夕暮れが近づいてきた。誰が言ったであろう、ウシの傘。うまい!
残念ながら今回はウシはいませんでしたが・・・。
c0108388_2055073.jpg









みんな大好き。夕日への直線。
c0108388_20582827.jpg









空は夕暮れの朱色に染まっていた。
c0108388_20595093.jpg


携帯で撮った遠野市。
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-13 21:03 | 高台とか
遠野訪問紀 ~高清水な風景その3~
牛を背後に遠野の町並みを見下ろすのも中々オツなものであろう。
牛たちは相変わらずカメラ目線でノリがいい。
c0108388_21421436.jpg








草原の中にポツポツとある木がどれもこれも絵になってしょうがない。
c0108388_21435445.jpg






牛たちが写っていないのが少しさびしい感もあるが、木の形が特徴的なので一枚。
c0108388_21455347.jpg










縦長遠野市。この時間帯になぜか六角牛(ろっこううし)山は雲隠れしてしまった。が、代わりに月が顔を出していた。
c0108388_21475987.jpg








ちなみに展望台の様子はこんな感じ。特に気取った様子もない、落ち着いたつくりである。
そこからの眺め全景はこちらこちらにあります。
c0108388_21504933.jpg










微妙に牛のいる風景。こういった坂からみる高原も好きだったり。
c0108388_21563898.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-12 21:57 | 高台とか
遠野訪問紀 ~高清水な風景その2~
今回も高清水の風景集。

やはりいつ来ても私のツボを捉えて離さない。そんなところが高清水高原牧場。
c0108388_2153856.jpg








山の上にあるちょっと興味深い子小屋。
ここで人がいるところは見たことがないが、ちょくちょく利用していることは間違いないだろう。いつだろ?
c0108388_2183247.jpg










草原。
c0108388_2191664.jpg


c0108388_21104318.jpg






何かしら葉がない木。なんででしょ?
c0108388_21122899.jpg









高清水に来てはずせない風景。そのひとつは牛だろう。またもや斜面でお食事中でした。
c0108388_21133516.jpg










そして、高台の風景。これもはずせない。今回は附馬牛(つきもうし)ら辺の風景を撮影。
これも無意味に特別大型写真にしました~。画像をクリックしてご覧ください~。
c0108388_21172495.jpg









そして中心街アップ。おなじみの風景の人もいる?
c0108388_21213776.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-11 21:21 | 高台とか
遠野訪問紀 ~高清水の風景その1~
私が遠野を訪れて、やっぱり最後に行きたかったところ。それは高清水。
↓は特別特大写真でございます。画像をクリックすると元のサイズでごらんいただけます。
c0108388_17271333.jpg










訪れたときはもう夕暮れ。秋を予感させる少し冷たい風が、高台からか常に吹いていてちょっぴり肌寒かった。
c0108388_17555076.jpg









高原。牛はいずこへ?
c0108388_1737359.jpg








c0108388_17573372.jpg









あ、やっぱりいた。前回訪問したときよりずっと減っていたが、それでも牛たちはこの肌寒い中、草原をゆっくり歩いていた。(アブがいなくてホントによかった)
c0108388_17394468.jpg









よく見渡せばいたるところにいた。こんな急斜面でもなんのその。ご飯をおいしくいただいております。
c0108388_1741943.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-10-10 17:58 | 高台とか
自転車旅行 ~大迫へ~ 展望台編
向山の茂みから突如出現したもの。
な、なんじゃありゃぁぁぁ!
c0108388_23454026.jpg

そう、あれが展望台。残念ながら自由の女神のように中に入って頭部より見下ろす、ということはできないが、展望台であることは変わりない。

いざ、展望台へっ!



そして、そこから見えた風景。

「大迫全景」

大迫のほぼ全てが見渡せました。写真サイズは特別出血大サービスの「超大きめ」(←?)でござい。
写真をクリックして大迫中心部や、周りの山々の自然を隅々までごらんあれ。
c0108388_20391336.jpg









しかし、これは一体なんなのだろうか。獅子踊りのお面のような顔に見えるが、実際なんなのか。
こんど詳しく調べてみようと思う。
c0108388_2354422.jpg








この日は残念ながら早池峰山は雲隠れしてしまっていましたが、程よい風も吹き、絶好のチャリブラ日和となりました。
c0108388_2357011.jpg









そして、これが稗貫川。今回はこの川をさかのぼるように進みます。
c0108388_2355473.jpg









また、この展望台の魅力は360°大迫を見渡すことができること。
大迫の上の風景の反対側の風景も紹介。
c0108388_23584552.jpg

真正面に見える山が、おそらく「諏訪沢森」というものだろう。







すぐふもとにはテニスコートが。この日は何かの大会があったのか。
人と歓声がここまで響いてきた。
c0108388_04355.jpg










遠くには町並が。手前から石鳥谷、そして紫波?盛岡?
とりあえず、ビル郡が見て取れる。その奥にあるモヤがかった山が、、、岩手山?
c0108388_051023.jpg










なんとなく気に入ってしまった木。
c0108388_071075.jpg










枝にはアキアカネ。もうすっかり秋だなぁ、と大迫にて実感させられた。
c0108388_075716.jpg










トンボよ、大きく空を舞いなされ~っ。えっ、休憩中?失礼しました^^;
c0108388_082846.jpg


展望台を下から見ると・・
[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-09-11 00:11 | 高台とか