自転車旅行 ~大迫へ~ 展望台編
向山の茂みから突如出現したもの。
な、なんじゃありゃぁぁぁ!
c0108388_23454026.jpg

そう、あれが展望台。残念ながら自由の女神のように中に入って頭部より見下ろす、ということはできないが、展望台であることは変わりない。

いざ、展望台へっ!



そして、そこから見えた風景。

「大迫全景」

大迫のほぼ全てが見渡せました。写真サイズは特別出血大サービスの「超大きめ」(←?)でござい。
写真をクリックして大迫中心部や、周りの山々の自然を隅々までごらんあれ。
c0108388_20391336.jpg









しかし、これは一体なんなのだろうか。獅子踊りのお面のような顔に見えるが、実際なんなのか。
こんど詳しく調べてみようと思う。
c0108388_2354422.jpg








この日は残念ながら早池峰山は雲隠れしてしまっていましたが、程よい風も吹き、絶好のチャリブラ日和となりました。
c0108388_2357011.jpg









そして、これが稗貫川。今回はこの川をさかのぼるように進みます。
c0108388_2355473.jpg









また、この展望台の魅力は360°大迫を見渡すことができること。
大迫の上の風景の反対側の風景も紹介。
c0108388_23584552.jpg

真正面に見える山が、おそらく「諏訪沢森」というものだろう。







すぐふもとにはテニスコートが。この日は何かの大会があったのか。
人と歓声がここまで響いてきた。
c0108388_04355.jpg










遠くには町並が。手前から石鳥谷、そして紫波?盛岡?
とりあえず、ビル郡が見て取れる。その奥にあるモヤがかった山が、、、岩手山?
c0108388_051023.jpg










なんとなく気に入ってしまった木。
c0108388_071075.jpg










枝にはアキアカネ。もうすっかり秋だなぁ、と大迫にて実感させられた。
c0108388_075716.jpg










トンボよ、大きく空を舞いなされ~っ。えっ、休憩中?失礼しました^^;
c0108388_082846.jpg






こんな感じ。文字が書いてあることにふもとに下りてきてやっと気づいた。
神楽とワインの里」と書いてある。よく見たら獅子踊りの面にも見えない。
一体なんなんだろうか・・・。疑問が疑問を呼ぶ。
c0108388_0102770.jpg

[PR]
by galaxy-infinitive | 2007-09-11 00:11 | 高台とか
<< 自転車旅行 ~大迫へ~ 展望台... 自転車旅行 ~大迫へ~ >>